1. トップページ
  2. ブログ
  3. Noism 0のサマースクールに参加

Noism 0のサマースクールに参加

8月に五代菜月と果凜が新潟のりゅーとぴあへ、N oismのサマースクールに参加させていただきました。0のメンバー直接指導の機会はなかなかなく、OKの連絡がきたときには、心弾みました。

一度来たかった、新潟市のりゅーとぴあホール。Noismさんの劇場でもあり、活動スタジオです。

ロビーには、Noismさんのボードが。先日名古屋で観た公演のメンバーの皆さんの写真がありました。

そして明日から受ける、山田勇気さん、井関佐和子さん、金森穣さんの写真も。ドキドキが止まりません。

3日間レッスンをしていただきました。

久しぶりのクラシックバレエを井関佐和子さんが。Noism身体の使い方を山田勇気さんが、レパートリーを金森穣さんが。穣さんのレパートリーは、厳しい面もありましたが、ダンスに向き合う大切さを教えてくださいました。

ホテルに帰ると、私たちは穣さんのレッスンを復習し、次の日に臨みます。そうしなければついていけないからです。数々WSを受けてきましたが、この3日間は、まさにスクール、勉強そのものでした。

最終日にやっとコミュニケーション。私たちが姉妹であることも認識いただきました。それだけ、レッスン漬けでした。

サマースクールの日の金森穣さんのTwitterから

踊り方は教えられるけれど、踊らせられ方は教えられない。要するに能動的な身体の使い方は教えられるけれど、身体の受動性、その感度に関しては教えられない。音楽の聴き方、相手の動きの読み方、空間の感じ方。それらは自ら気付き、研ぎ澄ませていくしかない感覚だから。それこそが個性だと思うから。」

若い舞踊家達に稽古をつけていて思うこと。それは彼らがどれほど可能性に満ちているかということ。しかし彼らがそれを、どれほど活かしきれていないかということ。だからその可能性(生命力)に彼らが気付くきっかけを与えられればと思うのです。その為に、本気になる機会を与えられればと思うのです。」

本気を教えてもらいました。感謝。

過酷な3日間でしたが、隙間時間に行ったお店を紹介します。

お昼ご飯は、古町の「篠原」さんへ。お魚の煮付けなどお土産があります。隣のカフェでは日替わりの海鮮炊き込みご飯がありました。レッスン前のエネルギーになりたした。女将さん、店員さんに良くしていただきました。

夜ご飯はなるべく日本海の海の幸を食べるようにしました。レッスンでヘロヘロですが、美味しいお魚に笑顔になれます。

朝ご飯は、古町の「LIFE」へベーグル🥯を食べに行きました。自家製ベーグルは最高でした。

オーナーさんは、新潟市にN oismがあることを誇りに思ってみえました。私たちが愛知県からレッスンを受けに来たことをとても喜んでくれました。

りゅーとぴあの隣の白山神社⛩でお参りしました。また、来年新潟へ行きたいです。

3日間のレッスンは大変でしたが、とても素晴らしい体験でした。ダンスと向き合う大切さをさらに感じ、本気を教え込まれました。これをダンスワークこかチ専門部に伝え、みんなでさらなる高みを目指したいと思いました。

(五代菜月・果凜)